リアルなニューヨーク生活!日常の出来事、役立つ情報満載!

ニューヨーク在住9年目、そろそろ情報を発信する側に回り渡米後のリアルなNY生活の中で起こったこと思ったこと、人の役に立ちそうな情報などを書き綴っていくブログ。アメリカや海外生活、DJやアーティスト活動、ビザ取得など興味のある方はぜひお立ち寄りください♪ あなたが知りたかった情報が見つかるかも!

意外と高くないニューヨークの物価!?日本との物価比較6選!!

 

 ニューヨークの物価は、高い!!

 


 だが、ニューヨークに住んでみてしばらくすると、日本の方がはるかに高い物も沢山ある事に気づく

 

 今回は、日本とニューヨークの物価を比較してみようと思う!これから渡航する方々には是非とも参考にしてもらいたい!

 

意外と高くないNYの物価!?日本との物価比較6選

f:id:queensboro:20190221094556j:image

 

家賃

 まず生活するのに毎月必ず必要な家賃。

 

 ニューヨークの家賃は、めちゃくちゃ高い!!

 

 一人暮らしをする人はまずいないので、アメリカ人であろうと若い人たちはほぼシェアハウスで生活するのが基本。

 

 一人暮らし(ワンルーム)の場合、マンハッタンなら安くて月$2000〜(20万円ほど)、クイーンズやブルックリンでも$17000(17万円)程。

 

 4人などのシェアハウスでもマンハッタンに住もうと思うと$1200(12万円)はくだらない。

 

 家賃が高いと言われている東京もびっくりの家賃価格。(笑)

 

 理由は、ニューヨークは土地が狭いので常に人がアパートを探している。不動産は家賃を下げる必要がないのでかなり強気(笑)


 だが、クイーンズやブルックリンならシェアで$800(8万円)くらいなので割とリーズナブルで現実的な価格で住める!

 

 学生さんなどは大体このエリアに住んでいる。

 

f:id:queensboro:20190221094641j:image

 

食料品

 次に、スーパーなどで手に入れる食料品、ニューヨークは日本と比べて、かなり安い!

 

 マンハッタンの家賃が高いエリアだとスーパーも高くなるのだが、クイーンズやブルックリンなどであれば野菜や肉は日本の半分くらいの価格で購入できる。

 

 私のアパートの近くの中国系スーパーも、両手いっぱいに買って$20(2000円程)しないくらい!


 しかも日本と違い賞味期限が長いので腐らせて捨てる事もない。自炊をするとかなり節約できるだろう。

 


 中国スーパーについての過去記事はこちら↓

www.qbolog.com

 

 

f:id:queensboro:20190221094707j:image

 

交通費

 

 交通費も日本と比べるとかなり安い。

 

 電車はどこへ行ってもどれだけ乗っても一律の$2.75。

 

 タクシーは初乗りが$2.50で日本と比べるとかなり安い!ぼったくりもたまにいるので、イエローキャブ以外は乗らないのが無難。

 

 プールといってタクシーの相乗りができるので、そうするともっと安くなる。ただ、色んなところを回るためかなり時間がかかる場合もあるので注意(笑)

 


 交通機関についての過去記事↓

www.qbolog.com

 

 

f:id:queensboro:20190221094910j:image


レストラン

 

 レストランは日本と比べると1.5倍〜2倍程。

 

 アメリカにはチップという習慣があるので、食べた金額+15%〜20%のチップを支払わなければならない。

 

 ランチなら$20前後、ディナーなら$50前後。お酒を飲むともっと高くなる。

 

 対してピザなどは安い!おっきくて1枚でお腹いっぱいになる1ドルのピザもある。

 

道にあるベンダー(屋台)などでチキンオーバーライスなどを買えば$6くらいで買えるのでかなりリーズナブル。

 

 ベンダーやチキンオーバーライスに関する過去記事はこちら↓ 

www.qbolog.com

 

www.qbolog.com

 

 

f:id:queensboro:20190221094822j:image

 

日用品

 

 アメリカは紙類が異様に高い!!(なぜ??)

 

 ティッシュは一箱で$1〜。トイレットペーパーは$10くらいはする。

 

 しかし、他の日用品は大体日本と一緒くらいなのでそんなに高くない。

 

 

f:id:queensboro:20190221094756j:image

 

医療費

 アメリカの医療費は、めちゃめちゃ高い!!

 

 保険に入っていても、使えるのと使えないのと色々ルールがあるのであまりあてにならない。

 

 保険を持っていないと診察だけで $100 以上取られることがザラで、治療が必要となれば何百ドル何千ドルとかかってくることもあるので、海外保険にはいっておくのがベター

 

 また、もし保険にかかっていたとしても、歯医者はまた別で歯科保険に加入する必要がある。私は過去に差し歯の治療をしてもらったことがあるが、その際には総額 $ 6,000 (日本円で60万円以上)くらいかかった。。矯正の治療なども平均$5,000〜$6,000が相場!

 


まとめ

 今回はニューヨークの物価についてシェアしてみた。

 

 シェアで暮らしたり、自炊をしたりと工夫して生活すれば案外そんなにコストはかからない。


 これからアメリカでの生活を考えてる方には、ぜひ参考にしてもらいたい!

 


それではまた次回!!!リアルなニューヨーク生活は続く!!