リアルなニューヨーク生活!日常の出来事、役立つ情報満載!

ニューヨーク在住9年目、そろそろ情報を発信する側に回り渡米後のリアルなNY生活の中で起こったこと思ったこと、人の役に立ちそうな情報などを書き綴っていくブログ。アメリカや海外生活、DJやアーティスト活動、ビザ取得など興味のある方はぜひお立ち寄りください♪ あなたが知りたかった情報が見つかるかも!

ニューヨーク生活の落とし穴!?○○が判断力を鈍らせるときが…

 

 大きな夢と規模を持ってニューヨークへ移住してきた人ならば、誰しも必ずと言ってほど経験するであろう『落とし穴』について、

 

 

今回はそれに少しだけ触れてみようと思うので、これからもし海外の都市へ移住する予定の方はぜひ参考までに読み進めてみてほしい。

 

 

f:id:queensboro:20190430041231j:plain

 

 

ニューヨーク生活の落とし穴!?判断力を鈍らせるものとは?

 海外への移住、それは日本国内の地方から上京するよりもよっぽど勇気と覚悟が必要になってくる。

 

 

 今となれば笑い話だが、事実、私も出国の前夜には、「最低でも5年は日本へ帰って来れない」という緊張と不安からか、腹痛をおこした記憶がある。(笑)

 

 

 しかし、「これも自分で決めた道」と覚悟を固め、いざ渡米。

 

 

 この後からの約半年間は、本当に精神的に辛い日々が続いたものだった。

 

 

 正確には、渡米直後から2〜3週間は、まだ旅行気分も抜けず見るものすべて新鮮で、一時的にテンションが上がっていたが、一ヶ月を過ぎると次第に旅行気分も抜けてきて、いよいよ現実と向き合うことになる。

 

 

本当の戦いのはじまり

f:id:queensboro:20190430041903j:plain

 

 

 ここからが、本当の戦いのはじまり。

 

 

 どういうことか?それは、自分の渡米の目的と現実の生活の『ギャップに苦しむ』、ということ。

 

 

 つまり、私の場合で例えると、渡米の目的は

 

 

「マンハッタンでDJとして活躍する!!」

 

 

 ということなのに対し、現実は(通いたくもない)語学学校に毎日通いながら、(日々の生活のなかで常に)英語で物事を考えなければいけないというストレスと、

 

 

渡米前にせっせと貯めたお金がみるみるうちに減っていくという怖さは、半端ないものがあった。

 

 

 そんな生活が半年も続くと、次におそってくるのが、

 

 

 孤独・・・

 

 

f:id:queensboro:20190430042236j:plain

 

 

 日本にいたときに腹を割って話せた友達も、次第に次第に疎遠になってくる・・。

 

 

 ましてや、ニューヨークで本音で語れる友達など、そう簡単に見つけられるものではない。

 

 

 なぜなら皆、あなたと同じように自分のライフで必死なのだ。

 

 

 そんな『孤独』こそが、あなたのニューヨークライフ、もしくは留学ライフにおいての最大の敵となりうる、というのがこの記事の本題。

 

 

  半年、一年と、海外生活を過ごすなかで慢性的な孤独を抱えていると、いずれ友達ができたときにとても嬉しい気持ちになる、ことがある。

 

 

  そうしてできた友達が一人、そしてまた一人、と増えていきにわかに楽しいライフに変わる、時期がある。

 

 

f:id:queensboro:20190430050044j:plain

 

 

 そんなときこそ要注意!

 

 

 あなたが勇気を持って渡米した目的を忘れているかもしれないから。

 

 

おわりに

 ニューヨークに限らず、海外の都市に一人で移り住むということは、不安だし、心細いし、とても勇気がいるもの。

 

 

 とくに、このニューヨークにはみんな何かしらの『挑戦』をしにやってくるわけで、みんながガツガツしている。(笑)

 

 

 私自身も、渡米から8年半が経つ今でこそこうしてブログを書けるような多少のゆとりもでてきたが、当初は下の記事のなかに書いてるように本当に大変な時期を過ごしたもの↓

 

www.qbolog.com

 

 

 一時的に辛い時期や、親や友達に会えなくて寂しくてどうしようもない・・というときもあるとは思うが、

 

 

そんなときこそ、あなたの本来の渡米の目的をいま一度見つめ直して、『孤独』という名の海外生活における最大の敵に打ち勝っていこう!

 

 

 「友達できたし、なんとなくいま楽しいから、、。」と、渡米した当初のオリジナルの目的とまったく違う行動をしている人を、私はこの8年半で何人もみてきた。

 

 

 すくなくともこのブログを読んでくれているあなたにはそうなってほしくない。いずれそれも笑い話になる日が必ずくるのだから、『孤独』なんかに負けず本来の渡米の目的を成し遂げた方が、その後の人生の充実度は高いはずだから。

 

 

 現場からは以上!

 

 

 それではまた次回!!!リアルなニューヨーク生活は続く!!