リアルなニューヨーク生活!日常の出来事、役立つ情報満載!

ニューヨーク在住9年目、そろそろ情報を発信する側に回り渡米後のリアルなNY生活の中で起こったこと思ったこと、人の役に立ちそうな情報などを書き綴っていくブログ。アメリカや海外生活、DJやアーティスト活動、ビザ取得など興味のある方はぜひお立ち寄りください♪ あなたが知りたかった情報が見つかるかも!

ニューヨークで楽器や音楽機材ケーブルを買うなら「ギターセンター」【NY・DJ・クラブ】

 「ニューヨークは音楽の街」と言っても過言ではないくらい、この街にはたくさんのアーティストやミュージシャンが存在する。そんなミュージシャンたちの多くは、一体どこで楽器や音楽機材を購入・メンテナンスをしているのだろう?そんな疑問をお持ちのあなたに、ニューヨーク市内にいくつか存在する楽器専門店の一つであり、多くのミュージシャンご用達のお店「ギターセンター」というお店を紹介してみようと思う!

 

 響き的に「ギターセンター」と聞くと、ギター屋さん?と思ってしまうかもしれないが、ギターはもちろんベースやドラム、キーボードからスピーカーまで幅広く取り揃えている。今回私は、ミッドタウンのとあるレストランでのプライベート・イベントでDJの仕事を依頼され、そのレストランにはDJ機材は元よりお店の音響システムに接続するためのケーブルも無いということで、お代はお店持ちでケーブルを買ってきてほしいとのことで最寄りの「ギターセンター」に行ってきた!

 

 

ニューヨークで音楽機材を買うなら「ギターセンター」

NY市内に4店舗

 ニューヨーク市内にあるギターセンターは4店舗。そのうちの一つで、最もアクセス的に便利なロケーションにあるのが14丁目ユニオンスクエア近くの店舗。MAP

 

f:id:queensboro:20181227102001p:plain

<captch from google map> 

 14丁目店へのアクセス

 14丁目店へのアクセスは、地下鉄L・N・Q・R・W・4・5・6の「ユニオンスクエア駅」または、オレンジのラインF・Mの「14ストリート駅」が最寄りとなる。赤や青のラインの「14ストリート駅」からも徒歩圏内なので、ほぼすべてのラインでアクセスできるとても便利なロケーション。 

 

外観

 14丁目をユニオンスクエアから西へ向かって歩いていくと、通りの右側にこの「ギターセンター」が現れる。赤いギターのロゴが目印。

 

f:id:queensboro:20181227104152j:plain

 

 ショーウィンドウにはEDMのスターDJであるスティーブ・アオキ氏の写真も大きく飾られていることから、DJ機材も扱っていることをうかがわせる。今回の私の目的は、機材同士を接続するケーブルを買うこと!

 

f:id:queensboro:20181227104525j:plain

 

入り口

 入り口は、ガラス戸が二枚。ニューヨークのオーソドックスなスタイル。

 

f:id:queensboro:20181227104831j:plain

 

 残り少なくなってきたホリデーシーズンの営業時間はご覧の通り。 

 

f:id:queensboro:20181227141453j:plain

 

公式HPはこちら https://www.guitarcenter.com/

 

 店内の様子

 入り口から見渡した店内の様子はこんなかんじで広々としている!ドアを入ったすぐ左側でカバンを預け、番号札と交換し、帰りにまた番号札を渡してカバンを受け取るシステム。

 

f:id:queensboro:20181227141747j:plain

 

地下一階

 私が探しているケーブルのコーナーは階段を降りた地下一階にある!

 

f:id:queensboro:20181227142144j:plain

 

 地下の売り場もめちゃめちゃ広い!

 

f:id:queensboro:20181227142428j:plain

 

 けっこう定期的にいろんな商品が目玉的にセールになっているので、こまめに足を運ぶと良いことがあるかも。この日は良質パワードモニターとして知られる「JBL 305P MKⅡ」レアなホワイトが30ドル引きの120ドル!

 

f:id:queensboro:20181227142526j:plain

 

 日本のAmazonでも2本ペアで購入可能↓ 


JBL PROFESSIONAL 305P MkII パワードモニタースピーカー 1ペア(2本)

 

ケーブルコーナー

 階段から見て左奥の壁に、目当てのケーブルコーナーはある。いろんなメーカーの、いろんなタイプの、いろんな長さのケーブルの在庫がある!この在庫の豊富さこそがたくさんのミュージシャンたちに愛される理由!困ったらここへ来たら大概見つかるので強くおすすめ!

 

f:id:queensboro:20181227142932j:plain

 

 私はこの中から、目的に合ったなるべく安いものを探し当てる。今回は、このスタンダード・マイクロフォン・ケーブルのオス/メス 20フィートを探していたので2本購入!2本で37ドル。

 

f:id:queensboro:20181227143619j:plain

 

 目的のケーブルも無事に購入できたので、レシートを大切に保管しつつ、せっかくなので店内を徘徊してみる。こちらは同じ地下一階にあるキーボードのコーナー。

 

f:id:queensboro:20181227144256j:plain

 

一階

 上の階へ戻り、こちらはドラムスコーナー。「TAMA」や「Pearl」などのお馴染みのメーカーのドラムスがずらりと並んでいる。スネアドラムだけで300ドルくらいするとは初めて知った!

 

f:id:queensboro:20181227144756j:plain

 

 こちらはギターコーナー。タイプ的にSGと呼ばれるものと思われる。

 

f:id:queensboro:20181227145501j:plain

 

 こちらの隔離された空間はビンテージギターのコーナー。年代物のギターを探している方にとってはヨダレもののコーナーだろう!

 

f:id:queensboro:20181227150453j:plain

 

 さらにギターコーナーは続き、こちらは左側がレスポールタイプ、右側がストラトキャスターやテレキャスター。これだけあればほぼほぼ欲しいものは見つかるだろうというレベルの品揃え!

 

f:id:queensboro:20181227150812j:plain

 

おわりに

 というわけで今回は、ニューヨークで楽器や音楽機材やケーブルを買う際におすすめのお店「ギターセンター」の14丁目の店舗の様子をシェアしてみた!DJとしてこの街で生きている私もスピーカーやケーブルなど、実際にこのお店を何度も利用している。これからニューヨークに音楽をしに来るという方は、何か必要なものがあったらとりあえずここへ来れば欲しいものが見つかるはずなので、覚えておくといいかも。

 

 それではまた次回!!!

 

この記事をSNSでシェアする⬇️