リアルなニューヨーク生活!日常の出来事、役立つ情報満載!

ニューヨーク在住9年目、そろそろ情報を発信する側に回り渡米後のリアルなNY生活の中で起こったこと思ったこと、人の役に立ちそうな情報などを書き綴っていくブログ。アメリカや海外生活、DJやアーティスト活動、ビザ取得など興味のある方はぜひお立ち寄りください♪ あなたが知りたかった情報が見つかるかも!

ニューヨークでシャツを着た後はクリーニング屋さんを利用してみよう【海外生活・日常】

 2019年、新年が明け早くも10日が経とうとしている。今日は個人的にニューイヤーズ・イブで着たワイシャツをクリーニング屋さんに受け取りに行く日。よい機会なので、今回はニューヨークでクリーニング屋さんを利用する際のプロセスについて、順を追って説明してみようかと思う!

 

 ニューヨークではとかくドレスコード(その場に合った服装規定のこと)がある場所やイベントごとが多かったりするので、頻繁にワイシャツやドレスシャツを着る機会がある。日本ではよく洋服をクリーニングに出していたけど、ニューヨークでは利用したことがない、とか、出し方がイマイチよく分からなくて不安という方は、実はとても簡単で値段もお手頃なので、ぜひ参考にしてあなたの大切なシャツをパリっと保つきっかけにしていただければと思う。

 

 

NYでシャツを着たらクリーニング屋さんを利用してみる

f:id:queensboro:20190110141136j:plain

 

 私は以前に、ニューヨークでのコインランドリーの使い方についての解説記事を書いたので、洗濯の仕方についてはこちらを参考に↓

 

www.qbolog.com

 

 コインランドリーではシャツがシワシワになってしまう、洗った後にアイロンをかける手間がかかる、そもそもアイロンもアイロン台も持っていない、という貴方はこれを機にクリーニングに出してみよう!

 

 同じシャツでも、シワシワで着るのとキレイにパリっとして着るのとでは貴方の印象がまるで変わってくる。せっかくニューヨークにチャンスを掴みにきたのなら、こういうちょっとしたことに気を配って貴方の印象をアップすることが、近い将来きっと貴方にとってプラスにはたらくはず、というのが私の考え方だ。

 

近所のクリーニング店

 クリーニング店はどこでも結果は同じだと思うが、料金は場所によってまちまち。ニューヨークの場合は、マンハッタンのミッドタウンに近づけば近づくほどあらゆるものの物価・料金が上がるのが常識とされている。なので、私のおすすめは貴方が住んでいる、または滞在している場所の近くのローカルのクリーニング店。その方が安く済むだろうし、受け取りに行く際の移動の手間が短くて済むからだ。

 

f:id:queensboro:20190110143003j:plain


持ち込んだシャツを渡す

 近所のクリーニング店に着いたら、貴方が持ち込んだワイシャツやドレスシャツを店員さんに渡そう。その際に、基本2つの選択肢があり

  • ドライクリーニング
  • ウォッシュ&ドライ

  のどちらからを選んで伝える。私の場合は、高価なシャツはドライクリーニング、その他普通のワイシャツならウォッシュ&ドライを選ぶようにしてる。なので今回は「Wash and dry, please.」と伝えた。

 

 料金を払う

 ウォッシュ&ドライの料金は、私の近所のクリーニング店では2ドル15セント。安い!これがローカル店の魅力!ドライクリーニングの場合は、通常その2倍の料金になる。なのでこのお店の場合は4ドルちょっとかかることになる。

 

 支払いは、持ち込みの際でも、受け取りの際でも、どちらでもよい。今回私は持ち込みの際に前払いしたので、下の写真の伝票のように「PREPAID」つまり支払い済みという意味の文字が書かれている。

 

f:id:queensboro:20190111022104j:plain

 

 もうひとつ、持ち込みの際に店員さんに聞かれることが、受け取りの希望日。私の場合はいつでもよかったので、「Anytime」と伝えた。すると木曜日の夕方4時以降の受け取りと言われたので、だいたい4〜5日間ほどかかるものと考えてよいかと思う。急ぎの場合は日にちを明確に伝えよう!

 

受け取りに行く

 伝票に書かれた受け取りの日時が過ぎたら、自分のタイミングで受け取りに向かおう。受け取りの場合は「Picking up, please」と伝えればいいが、「Hello」と挨拶だけして伝票を渡せばOK。

 

 すると、下の写真のように機械をグルグル回して貴方のシャツを探し当ててくれるので、「Thank you」と感謝の気持ちだけ伝えよう。ニューヨークでは、サービスを受けた側が「ありがとう」という側なので、そのあたりの感覚が日本とは逆かもしれない。

 

f:id:queensboro:20190111025220j:plain

 

出来上がり

 出来上がると、こういった状態で渡される。

 

f:id:queensboro:20190111025942j:plain

 

 この「WE ♡ OUR CUSTOMERS」の紙がニューヨークのクリーニング店のスタンダードなので、街を歩くとそこらじゅうで目にすることと思う。これを受け取るとニューヨークで生活している感が湧いてくるはず♪

 

f:id:queensboro:20190111030052j:plain

 

Before & After

 持ち込む前と、受け取った後に、それぞれ写真を撮ってみたので比べてみよう。

before

 もともと新しいシャツではないうえに、8時間ほど着て仕事もして汗もかいたのでなかなか汚れが目立っていた。(笑)完全には落ちないよと言われていたのでそこまで期待はせずにいた。

 

f:id:queensboro:20190111031531j:plain

 

 見ての通りシワクチャ。

 

f:id:queensboro:20190111032121j:plain

 

After

 それがここまでキレイにしてもらえれば充分!

 

f:id:queensboro:20190111031958j:plain

 

おわりに

 というわけで今回は、ニューヨークでワイシャツやドレスシャツを着て出掛けた後は、近所のクリーニング屋さんを利用してシャツを綺麗に保って長持ちさせよう、というお話をしてみた。こんなに安い値段であなた自身のイメージアップにも繋がるのであれば、利用しない手はないのでは?

 

 それではまた次回!!!

 

この記事をSNSでシェアする⬇️