リアルなニューヨーク生活!日常の出来事、役立つ情報満載!

ニューヨーク在住9年目、そろそろ情報を発信する側に回り渡米後のリアルなNY生活の中で起こったこと思ったこと、人の役に立ちそうな情報などを書き綴っていくブログ。アメリカや海外生活、DJやアーティスト活動、ビザ取得など興味のある方はぜひお立ち寄りください♪ あなたが知りたかった情報が見つかるかも!

【海外生活・日常】ニューヨークの老舗ジャズ・クラブの一つ「Birdland Jazz Club」で巨匠「Ron Carter」の生演奏を聴いてきた♪

 ニューヨークには様々な音楽の老舗クラブが存在するが、昨夜はジャズ好きなら誰もが知る老舗ジャズ・クラブの一つである「Birdland Jazz Club」で、巨匠ベーシスト「Ron Carter」の生演奏を聴いてきたので、その様子をシェアしてみたいと思う♪

 

Birdland Jazz Clubとは

 

 まずは、ご存知ない方のためにも簡単に「Birdland Jazz Club」のウィキってみると、

 

バードランドは1949年12月15日にニューヨーク市で始まったジャズクラブである。1986年、マンハッタンのシアター・ディストリクト地区にある同名のナイトクラブが開設され、元のナイトクラブの場所から遠く離れた場所ではなく、1986年に復活が始まった。

 

 という文字通りの老舗クラブで、44丁目の8番街と9番街の間にある。公式ウェブサイトがこちら → https://www.birdlandjazz.com/

 

 巨匠ロン・カーター率いる「Ron Carter's Golden Striker Trio」が11月3日まで演奏を行なっている。チケットも意外と買いやすい値段なのだ。

 

f:id:queensboro:20181101132802p:plain

 <captcha from birdland website>

 

 私がジャズを知ったきっかけ

 私自身は長年ダンス・ミュージック系のDJをしている人間なのだが、20代前半の頃からヒップホップのサンプリング・ソースをディグる意味で古いジャズのレコードを集めていたことから、当然このロン・カーターのレコードも何枚か持っている(日本の実家に)。とくに好きだったのは「Yelloe & Green」というCTIレコーズから1976年にリリースされたアルバムで、何度も聴いていた覚えがある。また、渡米する前の話になるが、ロン・カーターが南青山にある「ブルーノート東京」で来日公演をした際にも一度聴きに行ったほどだ。

 

 そんなこんなで、先日たまたまニューヨーク在住のジャズ好きな方とお話をした際に、「ロン・カーターが好きなんですよ!」と言ったらこのライブのことを教えていただき、今回足を運んできたというわけだ。

 

 バードランドへ初潜入

 初めて入ったのだが、老舗らしく数々の伝説のジャズ・アーティストの写真が所狭しと壁に飾られていた。

 

f:id:queensboro:20181101235513j:plain

 

 別な壁にもこのようにビッシリ!いつも思うことだが、ジャズ・アーティストの演奏している様は何故こんなにも絵になるのだろう。

 

f:id:queensboro:20181101235848j:plain

 

 チケットはテーブル席とカウンター席の2種類、今回は別で食事をする予定だったのでバー席をとった。カウンターの向こう側がステージ、みなロン・カーターが現れるのを待つ。

 

 演奏が始まる♪

 ついにロン・カーター率いる「Ron Carter's Golden Striker Trio」が現れ演奏開始♪ なんとも渋く洗練された演奏♪ ウッド・ベースを奏でているのがロン・カーター。数年前に東京でみたレジェンドが、いまニューヨークで目の前にいると思うと感きわまるところだった。

 

 サイドのピアニストとギタリストとの息もピッタリで、これぞジャズ・トリオといったかんじ。圧巻の演奏だった♪

 

おわりに

 というわけで、昨夜はハロウィーンで仮装している人々を横目に老舗ジャズ・クラブ「Birdland Jazz Club」に足を運んできた。若干仮装していこうかと迷ったが、やはりここには誰も仮装客はいなかったので少しフォーマルな普段着で出かけて正解だった。(笑)

 

 このようなライブやイベントはニューヨークではたくさん行われているので、また機会があればシェアしていこうと思う。それではまた次回!!!

 

この記事をSNSでシェアする⬇️