リアルなニューヨーク生活!日常の出来事、役立つ情報満載!

ニューヨーク在住9年目、そろそろ情報を発信する側に回り渡米後のリアルなNY生活の中で起こったこと思ったこと、人の役に立ちそうな情報などを書き綴っていくブログ。アメリカや海外生活、DJやアーティスト活動、ビザ取得など興味のある方はぜひお立ち寄りください♪ あなたが知りたかった情報が見つかるかも!

ニューヨーク・ウェストビレッジのチーズティー屋さん「デブティー」【海外生活・日常】

 ニューヨークのオシャレなスポットはたくさんあるが、私も個人的に大好きなエリアがウェスト・ビレッジ。ソーホーの隣にあるけど、ハイブランドというわけではなく、個性的な商品を取り扱うお店が多い、色々な意味で雑多な感じのエリア。ワシントンスクエア・パークの周りを囲むこの雑多なウェスト・ビレッジには、やはりたくさんの変わった指向のレストランやカフェも多い。

 

 今回はこのウェスト・ビレッジにある、おもしろ可愛いカフェ、台湾生まれのチーズティー屋さん「デブティー」に行ってきたので、チーズティーとはどんなものなのか?をここでシェアしてみようと思う!気になってはいたけど行ったことがないという人や、ニューヨークの珍しいカフェ巡りをしたい!なんてひとの参考になればと思い、私の体験をまじえ、この記事にまとめてみた!

 

 

NY ウェストビレッジにあるチーズティー屋さん「デブティー」

f:id:queensboro:20181223061329j:plain

 

ワシントンスクエア・パークのすぐ近く

 上の写真、クリスマスツリーが綺麗に点灯され凱旋門(ワシントンスクエア・アーチ)の中にすっぽり収まる姿が美しい冬のワシントンスクエア・パーク。今回紹介する台湾生まれのチーズティー屋さん「デブティー」は、このワシントンスクエア・パークの南側の出口から歩いて1〜2分のところにある!

 

 217 Thompson Stree, New York, NY 10012 MAP

 

f:id:queensboro:20181223065504p:plain

<catcha from google map>

 

トンプソン・ストリート

 ワシントンスクエア・パークの南側の出口に通じるトンプソン・ストリートという通りを南に向かって1ブロック半ほど歩くと右手にこの「デブティー」が見えてくる。英語の表記は「DEBUTEA」で、白いペイントが目印。

 

f:id:queensboro:20181223065656j:plain

 

 斜向かいにはオシャレな中古レコード店「ジェネレーションレコーズ」がある。

 

www.qbolog.com

 

店前

 店前にはその時期のおすすめ商品の説明書きがしてある看板が出ている。

 

f:id:queensboro:20181223070837j:plain

 

 紅茶屋さんなので常に蒸しているため外との気温差で窓ガラスは汗をかいている!

 

f:id:queensboro:20181223071216j:plain

 

店内の様子

 店内へ入ってみると、やはり少し蒸し暑く独特の甘い匂いがする。ショーウィンドウの中のサンプルが台湾のトロピカルな雰囲気を思わせる!テーブルの数はそんなに多くはない、お客10人くらいでいっぱいといったかんじ。持ち帰りにして飲みながら辺りをウィンドウショッピングする人も多い様子で、私たちが入ってからも常にレジには列ができている人気ぶり!

 

f:id:queensboro:20181223072033j:plain

 

メニュー

 チーズティーというものがどういうものなのか見当もつかない私は、メニュー選びは愛する彼女にゆだねることに!(笑)この「デブティー」は、ほかでもない彼女のおすすめカフェということで、私が好きそうなものをお任せで選んでもらった。

 

f:id:queensboro:20181223073149j:plain

 

  さらに詳しいメニューはこちらから。オンラインでオーダーもできる!

 

インテリア 

 店内のインテリアもとてもオシャレでセンスが良い♪ ホリデーシーズン真っ只中、クリスマスソングがいい感じで流れていた♪

 

f:id:queensboro:20181223074114j:plain

 

 こういったカフェにしてはやけに透明度のある良い音で流れているなぁと思いチラッとスピーカーに目をやると、ギターやベースのアンプで有名な英国ブランド「マーシャル」のブルートゥース対応ポータブルスピーカーを使用していた♪

 


マーシャル Bluetooth対応 スピーカー(ブラック)Marshall Stanmore Bluetooth Black ZMS-04091627

 

  ニューヨークでDJとして活動している私からしても、これは小さいくせになかなか良い音が出る。小さいからこそオシャレ度が高いうえ、スマホからブルートゥースで飛ばせるので面倒な配線も必要ないので、カフェを経営している人なんかには、分かる人には分かるちょっとしたこだわり、という意味でいいかも。

 

チーズティーを初めて飲む!

 これらが彼女がオーダーしてくれたチーズティーたち! 

 

f:id:queensboro:20181223074135j:plain

 

 ローズ・クラウン

 ローズの花びらが乗っているこちらが「ローズ・クラウン」というティー。チーズティーとは、このようにティーの上にチーズの層が重なっているかたち。この「ローズ・クラウン」は比較的薄めで、とくにローズの味は感じない。(笑)

 

f:id:queensboro:20181223074215j:plain

 

 オスマンタス・ポートレイト

 こちらは私が飲んだ「オスマンタス・ポートレイト」というなにやらトルコ風なネーミングの一品。適度に香りの良いティーで初心者には飲みやすい味。 どちらのチーズティーにも仕上げに抹茶パウダーが乗せてある。

 

f:id:queensboro:20181223074240j:plain

 

オンラインのメニューページ

 オンラインのメニューでは下の画像のようなページが表れる。今回試してみたのは、左下の「ローズ・クラウン」と、右上の「オスマンタス・ポートレイト」。 

 

f:id:queensboro:20181224124130p:plain

 

飲み方のコツ

 チーズティーの飲み方のコツは、ストローで底のティーを吸いつつ、上に乗っているチーズも吸って、口の中で混ぜる感じ!だそう。コツを掴むまで最初はなかなか難しいが、何口か飲んでいるうちにすぐにできるようになった。チーズがなかなか塩っぱいので、チーズを多めに吸ってしまうと口の中が塩辛くなるので、バランスに気をつけて飲んでみよう!

 

Yelpのレビュー

 実際にこのお店を訪れた人たちがどんな反応だったか気になったので、ニューヨークでレストランやショップを探す際に幅広く使われているサイト/アプリ「Yelp」でこの「デブティー」のレビューを見てみると!

 

ローズ・クラウンは実際バラの味はあまりしなかったけど、チーズはとても良いです。お店的にはティーとチーズを同時に飲むことができるのでストローなしで飲むことをお勧めしてるみたいだけど、私は小さなミキシングストローを使って両方を吸って飲むのが好きです。 

 

私は今のところ本当にDEBUTEAが好き。初めてここに来たとき、ローズ・クラウンを試してみました。ティー自体は普通のお茶の味って感じ。お茶の上にチーズクリームが乗っていてとても美味しかった。その翌日には、またここに戻ってきて別なティーを試しました。値段は6ドル。次回はバブル・ミルクティーを試してみたいと思います。広さ的にはティーショップとしてはちょうどいいサイズで、若い大学生が多く、ほとんどの生徒が勉強しています。

 

本当に最高!ニューヨークで最高のミルクフォームティー!場所はすごく不便だけど、それでも私はここのチーズティーのために少なくとも月2回は行きます。これまでに試したローズ・クラウン、オスマンタス・ポートレイト、どれも超美味しい!いずれはもっと多くの店舗ができることを望んでます。

 

 こんなかんじで、結局みんな好きなのね!という印象。(笑)

 

おわりに

  ということで今回は、一度飲んだら誰もが好きになってリピーターになってしまう、ウェストビレッジのチーズティー屋さん「デブティー」について詳しくまとめてみた!ニューヨークでもおそらくここだけだと思うので、友達や恋人と行ってみては?

 

 それではまた次回!!!

 

この記事をSNSでシェアする⬇️