リアルなニューヨーク生活!日常の出来事、役立つ情報満載!

ニューヨーク在住9年目、そろそろ情報を発信する側に回り渡米後のリアルなNY生活の中で起こったこと思ったこと、人の役に立ちそうな情報などを書き綴っていくブログ。アメリカや海外生活、DJやアーティスト活動、ビザ取得など興味のある方はぜひお立ち寄りください♪ あなたが知りたかった情報が見つかるかも!

【NYお役立ち情報】毎日使うニューヨークでの地下鉄・バス移動の最短ルートを教えてくれる無料のアプリはこれだ!使い方もやさしく解説!

 ニューヨークの生活の中で起こったことや思ったことを徒然なるままに書き綴っていく日記的ブログです。海外生活に興味のある方はぜひともお立ち寄りください♪

 

  毎日の通勤・通学や、場所から場所への移動と、何かと忙しいニューヨークの生活の中で、できるだけ確かな最新情報を収集して最短の乗り継ぎルートを教えてくれるアプリがこの「Citymapper」だ。もちろん無料!!

 

f:id:queensboro:20181024114729j:plain

     <captcha from Citymapper app>

 

 かくいう私も約8年間のNYライフの中で「Subway」や「MyTransit」ほか色々な地下鉄アプリを試してきたのだが、いま現在はリアルにこの「Citymapper」に落ち着いている。なにしろニューヨークの地下鉄は時刻表など存在せず、プラットフォームに電光掲示板ができたのすらごく最近のこと。しかしスマホをお持ちのあなたならば、このアプリさえあれば掲示板や張り紙などを探すためにキョロキョロすることなく、次にやってくる電車をスマートに知れるというわけだ。

 

 それではさっそく、この「使えるアプリ」の使い方をスクリーンショット画像付きで解説していこう。あなたが今もしニューヨークに滞在中もしくはこれから訪れる予定があるならば、今すぐダウンロードしておいてまず損はない。

 

「Citymapper」の使い方

1. 初期画面の「Get Me Somewhere」をタップする

f:id:queensboro:20181024124632j:plain

      <captcha from Citymapper app>

2. 画面が切り替る

f:id:queensboro:20181024124133j:plain

      <captcha from Citymapper app>

3. 目的の駅を入力し、表示されたらタップする

f:id:queensboro:20181024134938j:plain

      <captcha from Citymapper app>

4. 現在地と目的地が決まったら右下の緑の矢印をタップ

f:id:queensboro:20181024134642j:plain

      <captcha from Citymapper app>

 

 5. 提案されたルートの中から良さげなものを選んでタップ

f:id:queensboro:20181024135219j:plain

      <captcha from Citymapper app>

6. 選んだルートの電車が何分後に到着するか表示される 

f:id:queensboro:20181024135930j:plain

     <captcha from Citymapper app>

 

 ここで「GO」を押すと実際の進行に合わせていちいち知らせてくれるが、充分この画面で次に来る電車の時間と、目的地への到着予定時刻が知れるので、ここで終わらせてもよい。というか、むしろ解除するのが面倒なので私の場合はここで終わらせている、続けると何よりスマホの充電がもったいない。(笑)

 

 ついでに

もののついでに時間に関しての「使える英語のフレーズ」を教えておこう。

 

友達との待ち合わせや、誰かを待っているときに、相手のだいたいの到着時間を把握したい場合、

「What's your ETA」

というフレーズをネイティブはよく使う。

ETAとは?

Estimated Time of Arrival の略で、推測される予定到着時間のこと。

「What time will you arrive?」 

とも聞けるが、私の周りのネイティブは皆 ETA の方を使う。

相手に答える場合は単純に

「9:15」で良い。

ニューヨーカーはテキスト・メッセージでの長い文章を嫌うので、

なるべく短く用件だけをパパッと送るの方が好まれる。(笑)

 

そんなときにもこの「Citymapper」をスマホに入れておけば、自分のETAを相手に伝えられるというわけだ。あなたにもぜひ試してみてほしい!

 

それではまた次回!!!

 

この記事をSNSでシェアする⬇️